年賀状ください。2017年酉
年賀状を勝手に推進します

11月, 2017Archive for

受ける年賀状なら手書きでしょ

月曜日, 11月 20th, 2017

大人になると、挨拶として義務的に送らなければならないものという認識の年賀状ですので、仕事関係でお付き合いのある程度の相手ですとどうしても味気ないものになってしまいがちです。
当たり障りのない挨拶が印刷されているものに名前を添えて、パソコンで住所を出力してポストに投函するだけとはいえ、年末の忙しい時期に作業をするのはなかなか大変ではあります。

ですが、これが友人同士のやり取りとなると、気分的にも違ってくるものです。
年齢を重ねてくると若い頃、学生時代の友人とは疎遠になってしまいがちですが、年賀状だけは送りあっていて近況を知ることができるので、いつも楽しみにしています。
私から送る分は少しでも印象に残るものにしたいと考えますし、何の印刷もされていない白面にイラストをつけたりメッセージを添えて作成していますが、かかる手間も手間とは思いません。

私は仕事でも携わっているほど絵を描くのが好きなので、友人達に送る年賀状にはいつもその年の干支をモチーフにしたものを葉書いっぱいに描いて送るようにしています。
時間がない場合には作成した一つのイラストを使いまわしていますが、余裕のある時には一人一人違ったものを描いていますし、友人達の手元へ届いた後に反応をもらうのがいつも楽しみです。
さすがにこうしたものは仕事関係の人達には送れないものですし、気心の知れている友人達だからこそ洒落がわかってもらえますから、少しでもウケるように作りたいと思ってしまいます。

友人から、私のイラストが書かれた年賀状をいつも子どもが楽しみにしていると言われたこともあってかなり嬉しかったです。
それ以来、お子さんがいる家庭には子どもの年代を意識した絵をどう描いて喜んでもらおうか考えていて、ますます気合いが入っています。

結婚報告の年賀状できづいたこと

火曜日, 11月 7th, 2017

昨年結婚した同僚から年賀状が届きました。

年賀状の内容は、結婚の報告はもちろん、二人の新居の住所が決まったということ、
披露宴にきてもらったお礼などでした。

その同僚と私は年齢が私の方が10歳以上年上です。
18歳で新卒のころからの付き合いなので、結婚するときはすでに30歳を超えていたのですが、いつまでたってもあどけなさを残すような仕事ぶりで危なっかしい感じの人でした。

その同僚の年賀状を見て、最近の「結婚しました」報告も面白く趣向を凝らしたものに変わってきているのだな、と時代の流れを感じました。

結婚式の前撮りでの写真だろうと思うのですが、新郎と新婦が二人和装でおくゆかしい雰囲気を作ったポーズをとっている写真でした。
とても微笑ましく二人がアイディアを出し合って撮影したのだな、と感じました。
昔は結婚式の一コマを切り取ったり、普段の二人のスナップだったり、また写真付きでなかったりという感じでしたが、最近は面白いですね。

そして二人の顔をまじまじと見て、驚きました。
とても美男美女なお二人なのですが、ひとつ気が付いたことがありました。
私だけの意見や気づきではなく、そばにいた主人にも見せたのですが、主人も同じく「そうだね」と言いました。
どういうことかというと
二人は結婚する前はもちろん他人だったし、血縁上も他人なので、元々住んでいたところも県をまたいで離れたところに住んでいて、1年前にお互いの知人に紹介してもらい、お互いが気に入ってお付き合いをはじめて、めでたくゴールインしたのですが、要は知りあって1年くらいのお二人の顔がよく似ているということです。
まるで兄妹のように似ていました。
夫婦が顔が似てくる、とはよく言ったものですが、こんな短期間でも似ることがあるのだな、よっぽど瞬間的に愛し合って結ばれたのだな、と新年からうれしい思いをしました。