年賀状ください。2017年酉
年賀状を勝手に推進します

10月, 2017Archive for

手書き年賀状を始めたきっかけ

金曜日, 10月 20th, 2017

私は毎年、手書きの年賀状を送ります。
数年前までは印刷された一般的な年賀状を送っていたのですが、年々、送り先が少なくなってきたことと、日頃の感謝をもっと伝えたいという気持ちから手書きにすることにしました。

そう思ったきっかけは、私の中学時代の恩師の存在でした。
中学を卒業してからも年賀状だけはやり取りをしていて近況を報告しあっていたのですが、先生が病気療養で入院されてからは年賀状がパタリと来なくなってしまったんです。
お見舞いに行こうにも遠いし、手紙では返事に苦労するだろうと考えて、その時は病気を治すことに専念してもらうことにしたんです。
幸い、病気は治癒したのですが、病気のせいであまり昔のことを覚えていないようで私のことも忘れてしまっていました。

そんな先生に、私はこれまでの感謝の気持ちを伝えたくて手書きの年賀状を送ることにしたんです。
文字はあえて少なく簡潔にして絵を大きく描き、目で楽しんで貰えるようにしています。
色合いもカラフルにして、楽しさと嬉しさを全面に出しています。

絵は、手書きの年賀状を送るために描き始めたので、まったく上手くありません。
それでも、先生は喜んで見てくださるようなので、ホッとしています。
描くのは季節の植物だったり、年始の縁起物だったりと描くものを選ぶことも楽しいと思えました。

このことをきっかけにして、他の方にも下手ながら自作の絵をつけた年賀状を送るようになりました。
そしたら、次の年からは他の方も手書きのメッセージを添えてくれたり絵を描いてくれたりするようになったんです。
多少でも手書きのものがあると気持ちが伝わりやすいと感じました。
年に一度、年賀状しかやり取りのない方もいるので、その繋がりを大切にしていきたいと思います。

同僚との距離を縮めてくれる年賀状

土曜日, 10月 7th, 2017

私は毎年のように親戚や知人と年賀状のやり取りをしていますが、その中でも思い入れが深い年賀状は以前勤めていた職場で一緒に働いていた同僚や上司からの年賀状です。

その職場の人は本当にみんな親切な人で、職場でなかなか仕事に慣れなかった私に対してとても親切にそして根気よく仕事を教えてくれました。
時に大変なこともありましたが、職場の皆さんの人柄もあって、なんとか乗り越えることが出来たと思っています。

まだ勤めていた時、会社外でみんなでバーベキューをしたり、飲み会をしたりと結構プライベートな付き合いもありました。
ご自宅に遊びに行く機会もありましたし、本当に皆さんには良くして頂きました。

そんな恵まれた職場を退職した後も、皆さんとは年賀状を通してやり取りをさせて頂いています。
私は今当時の職場からかなり遠方の地域に引っ越してしまったので、なかなか直接お会いする機会がありません。
ですがこうやって年賀状のやり取りをしていると、距離を全く感じることがありません。

頂く年賀状には結婚して家族が増えたとか、引っ越しましたとかなんてことのない内容なのですが、年賀状を受け取ると当時の職場のことを思いだしてとても懐かしくなります。

そしてまた、あの職場でいつか働けたらなと思います。
それくらい働き甲斐のある職場でした。

今年賀状をやり取りしている方とは今後も年賀状をずっとやり取りしていきたいです。

実際にお会いすることは出来なくても、今どういう状況で何をしている、子供たちが何歳になった、とかそれぞれの近況を文面で報告し合いたいです。

年賀状がもしなかったらこんなにやり取りすることはなかったと思うので、年賀状というのはとても良い機会だと思いました。