年賀状ください。2016年申
年賀状を勝手に推進します

お年玉の前のお小遣い稼ぎ

私にとって年賀状というと、子供の時にしていたお小遣い稼ぎです。
もう数十年前の話ですが、まだパソコンによる年賀状作成が一般的でなかったころ、
「プリントごっこ」という印刷機を使っていました。(何年か前に廃版になったらしいです)

原版を作って、製版して、インクをのせて、年賀はがきに刷るのを、最初は自分の年賀状だけ
やっていたのですが、私が作業しているところを家族が見て、「おなじ原版でいいから、私のも刷ってよ」
といいだしました。そこで「お小遣いくれたらやる」といったところ、頼まれたのです。

最初は全部で50枚くらい作成していた年賀状は、数年たつと200枚近く作ることになり、
年末の一大行事?になっていきました。たしか、一枚当たり10円くらいもらったと思います。
インクを使って印刷するため、乾かすまで時間がかかり、刷った年賀状を部屋に広げていたら
「座る場所がない」と文句を言われたこともありました。

今はネットで年賀状を注文するように移行したので、いい思い出になっています。
先日、息子が年賀状印刷サイトの価格を比較するお手伝いを申し出ました。
もちろんお小遣い目当てだったので、血は争えませんね。

Comments are closed.